感染症の画像と抗真菌薬について

感染症とは空気や土や動物、人などに存在する病原性微生物が体内に侵入してきて病気になることです。人の目には見えませんが、私たちの周りには多くの微生物が存在しているのです。

感染症は空気で感染したり、咳やたんから感染したり、接触することで感染します。感染症の種類によって、それに合う抗真菌薬を飲む必要があります。

感染症の種類によっては目で見える形で皮膚に症状が出る場合もあります。医学部時代から医師たちは皮膚に出た症状を画像で見て勉強しているため、その画像を見ただけで抗真菌薬の種類を特定することができる病気もあります。性病でも画像で見て分かる症状もいくつもあり、性病という特性上、病院に行って医師に見せるのを躊躇する人も、画像で確認して自分で抗真菌薬を購入するという方法もあります。
抗真菌薬の中には通信販売で購入できる種類のものもいくつもあります。医師に見せる恥ずかしさがないだけでなく、病院での待ち時間も短縮されます。その薬のジェネリック薬が売られている場合もあるので、病院で処方してもらうよりも安く購入できるというのもメリットの1つです。

ただ、稀に副作用が起こる場合もあります。はきけやむくみ程度ならよいですが、重い症状となることもあります。副作用が出るかどうか、どのくらい出るかというのは個人差があり、体質や年齢やそのときの体調や生活習慣によって異なります。ただ、妊婦やアレルギー体質の方は特に注意が必要です。これらの方々は医師の診察を受けてからの方がよいです。

目に見える症状がなくなっても、真菌がまだ体内に残っている場合、また再発する可能性もあります。完全に治るまで薬は使い続けるようにしましょう。