アレルギー性カンジダ症に抗真菌薬が有効で保険も効く

外陰部にかゆみが伴うときには、性感染症としてカンジダ症を発症している可能性があります。
かゆみの原因としては、カンジダや雑菌、アレルギー性の場合がほとんどと考えることができるので、市販薬のクリームで治療できる場合もあります。
カンジダ症の場合には、体内に存在してるカンジダという真菌が原因で発症する病気で、ストレスや疲労によって免疫力が低下したときに増殖することで発症することも考えられます。
性交渉によって感染することもあり、外陰部が赤くはれることでかゆみなどの症状が出ます。
カンジダ症の治療としては、医療機関を受診することで抗真菌薬を処方されたり、膣内の洗浄を行います。
多くの場合では、ミコナゾールやオキシコナゾールなどを含んだ抗真菌薬によって治療することができます。
カンジダ症を病気で治療するときには、保険が適用されるかどうか気になっている人もいると思いますが、原則的に保険を適用することができます。
カンジダ症は再発する可能性のある性感染症と言えますので、保険が適用される医療機関で治療を受けることが大切です。
ただし、定期検診やブライダル検査などの1つの項目としてカンジダ検査が含まれているときには、保険の適用対象外となりますので注意する必要があります。
保険が適用される医療機関で治療を受けたときには、数千円の出費で抗真菌薬の処方を受けることができます。
アレルギー性のかゆみが強いときには、ステロイドを含んでいる塗り薬が処方される場合もありますので、アレルギー性の症状があるときには医師に相談するようにしましょう。
専用の抗真菌薬を膣内に入れることで、2日から3日ほどで症状が落ち着く場合が多いと言えます。
カンジダ症などの性感染症にかかったと感じるときには、早期に婦人科や産婦人科を受診することがおすすめです。