抗菌新薬の種類とは?

抗真菌薬について知る前に、まずは真菌と、真菌症について知っておく必要があります。
まずは真菌とは、カビやキノコ、酵素など、細菌よりも大きな菌類のことです。これらは細菌とは異なる細胞構造をしていますが、ヒトなどの動物ともまた違う細胞構造をしているものです。
おおざっぱにいうとカビですが、これが人間の皮膚や真皮、あるいは体内に入って感染症を引き起こすとき、これを真菌症と呼びます。それぞれの場所や、入り込んだ真菌の種類によって、病名が変わってきます。

そして、抗真菌薬とは、この真菌症の原因となる真菌を殺すための薬剤です。
基本的な考え方として、抗菌薬は生物を殺す薬ですから、人間にも害がある薬ではいけません。そのため、ヒトと真菌の細胞構造の違いに着目し、ヒトにはない部分を攻撃するのが抗真菌薬の考え方です。これを選択毒性と言います。そこで、真菌とヒトの細胞構造の違いについて見ていきましょう。
真菌とヒトの細胞は、どちらも真核と細胞膜を持っている点が一致しています。まずは、この細胞膜を形成している物質が異なります。真菌の細胞膜はエルゴステロール。ヒトの細胞はコレステロールで形成されています。
次に、真菌の細胞には、細胞膜の外側に細胞壁と呼ばれる壁があります。ヒトにはこの細胞壁はありません。

まず、真菌の細胞膜を形成しているエルゴステロールと結合し、穴を開ける薬剤があります。こうすることで、細胞の内容物が外に流れ出し、真菌は死に至ります。この種類の薬剤を、ポリエン系抗菌薬と言います。
また、エルゴステロールの合成が阻害されても、真菌は新しい細胞を作り出すことができなくなるために、いずれ全滅します。このような作用を持つ薬剤を、アゾール系抗菌薬と言います。
また、真菌は細胞壁をもっていますが、細胞壁はグルカン合成と呼ばれる方法で構成されています。この合成に関わる酵素を阻害することで、新しい細胞壁の合成を防ぐことができ、真菌の増殖を止めることができます。これをキャンディン系抗菌薬と言います。
これらが現在使われている、主な抗真菌薬です。ですが、同じ薬剤を長年使用していると、薬に対して耐性を持っている真菌が次から次へと登場してくるために、新薬の開発が常に行われています。
現在は、抗菌薬については新薬のアイデア切れになりつつあり、危機感があらわれはじめています。選択毒性の考え方を改める必要があるのではないか?という提言も出始めています。

■クラミジア感染症にはこちらがお勧めです
ジスロマック
■たったの15分でわかります
クラミジア 検査
■様々な細菌に対して効力を発揮する抗真菌薬の成分の一つ
クラリスロマイシン